ワキガの原因

ワキガ自体は病気ではありません。ワキガは、体臭であり体質です。ワキガの悩みを抱える日本人も年々増えており、以前までは考えられなかったワキガが日本人の体質さえも脅かすようになってきてしまいました。ワキガの原因とされることの一つに食生活が挙げられるのはすでにご存じの方も多いのではないかと思いますが、なぜ臭ってしまうのかその原因について解説していきましょう。

脇の下には、エクリン汗腺とアポクリン汗腺、皮脂線の3つの分泌腺があります。ワキガの原因とされているのがアポクリン汗腺から分泌される汗で、脇の下以外にも実は耳の下や乳首の周り、性器周辺にあります。

ただ、アポクリン汗腺から分泌される汗自体は無臭で害があるわけではないのですが、脇の下にある常在菌と混ざり合うことによりあの特有のにおいを発してしまうのです。

大なり小なり、脇の下に汗をかけば臭いが発せられます。ただ、ワキガの人の特徴として挙げられるのが耳垢が湿っているという事。耳垢が常に湿り気を帯びている方は9割がたワキガの可能性があると言われています。また、衣服の脇の下の部分に黄色いシミができたり兄弟や家族にワキガの方がいるという場合は、残念ながらワキガの可能性を秘めていると言えます。

ワキガかどうかのチェック法がインターネットのサイト上などでも簡単にできるようになってきていますので、気になる方はチェック項目を見てどの程度当てはまるのかを調べていきましょう。